審判の日を止めれるのか?シュワちゃん=T-800ターミネーターを全解剖、魅力に迫る【動画】


ついに、本日より公開の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。今回は人類の守護神T-800ターミネーターの魅力に迫る特別映像を独占入手した!




https://youtu.be/3rW-NZkNW8g


量産型のサイボーグで、人間の姿をした殺人マシン"T-800ターミネーター"は、サラ・コナーを抹殺するために、未来から過去へ送り込まれたはずが、彼女の守護神的な存在となる。本作では、サラを"絶対に守る"ことをプログラムされているが、果たして、新たな脅威からサラを守り抜き、人類滅亡の「審判の日」を止めることができるのか!?

12年ぶりの"アイルビーバック!"を果たしたシュワルツェネッガーは、サラ・コナーとのエモーショナルなドラマを展開する今回のT-800について「"守護神"として24時間サラの傍らにいて、あらゆる危険から彼女を守っている」と説明。演じるに当たっては「気を付けたのは、ターミネーターを演じているのか、守護神を演じているのか、あるいは守護神であるがゆえにターミネーターを演じているのかということだった。サラを守っているけれど、彼女に近づく者、あるいは彼女への脅威となるものはすべて抹殺するからね。だからターミネーターでもあるし、守護神でもあると語る。サラ・コナー役のエミリア・クラークも「まるで父娘のような関係よ。でも人間じゃないから、ちょっとやり過ぎなの(笑)」と強調。


30年間に渡って演じ続けてきたT-800ターミネーターの魅力については、「彼は人間のような姿をしているけれど、マシンだから不死身だ。誰もがそんな風になりたいと思う。だからこそみんな彼が好きなんだ。彼のパワーは無限であり、目の前にあるあらゆるものを破壊し、抹殺することができる、とみんな感じている。ジェームズ・キャメロンは、1作目では悪役だったターミネーターをヒーローにする形で脚本を書き、作品を撮った。だからみんな、彼が悪い存在でありながらも、善人というか善き機械でもあるということを楽しんでいるんだと思う」と分析する。


シュワも「期待を超える最強のエンタテインメントだ!」と太鼓判を押すほど、映画史に刻まれる数々の名シーンへのオマージュを盛り込み、怒涛のアクションと心打つ人間ドラマ、そしてシリーズ最大の驚きの展開が待ち受ける本作。シュワルツェネッガー=T-800ターミネーターが、遂にアイルビーバックだ!

https://youtu.be/PcgYVXcsebY


『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は7月10日(金)より全国ロードショー
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

■参照リンク
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』公式サイト
http://terminator-movie.jp/
続きを読む