火だるまになったサーファーの「炎の水上サーフィン」がスゴすぎると話題に【動画】




火だるまでの決死のスタントとサーフィンとの融合。あるサーファー兼スタントマンが挑んだ、水上でのファイヤー・スタントの映像が幻想的だとネット上で大きな話題を呼んでいる。



ジェイミー・オブライエンは、スタントマンとサーファーの経験者で、タヒチで波に乗りながら炎に包まれるというパフォーマンスを決行。そのメイキング映像には巨大な波を制しながら炎に包まれた男の姿が映しだされている。

より炎の美しさを強調するために暗闇でボートに乗り波を探し、頼りになるのは自分の炎だけ、と見ている以上に過酷な撮影だったようだが、「誰もやったことの無いチャレンジをしてみたかった」という本人の言葉通り、さすがにスタントとサーフィンの両立は前人未到の挑戦となった。
続きを読む