引退した元空軍大佐がかつてのUFO襲来について語った動画が話題に



1980年12月、英サフォーク州のウッドブリッジ駐留米空軍基地近くの森で数名の米警備兵がUFO(未確認飛行物体)を目撃したという"レンデルシャムの森事件"。当時UFOを目撃した1人、チャールズ・ホルト中佐(現在は退役)が最近語ったことで再び話題を集めている。

https://www.youtube.com/watch?v=NTaQbnCJDJY


UFOとの遭遇事件から35年あまりが過ぎ、現在75歳のホルト氏。英<BBC>の映像では、かつての勤務地でレンデルシャムの森事件の舞台ともなったウッドブリッジを再び訪れたホルト氏のインタビューを紹介。氏はこの中で、当時すでに普及していたというテープレコーダーで事件当日に同僚らと交わした会話を録音していたという。

ホルト氏が当日(1980年12月27日)見たのは、金属の物体(または光の塊)が何かにコントロールされているかのごとく木々の間に現れたり消えたりする様子や、北の空に浮かぶ3つの物体だそう。テープを再度聞いたこともあるが、今でも当時の記憶が鮮明に残っていることがうかがえる。

レンデルシャムの森で不思議な発行物体が最初に目撃されたのは80年12月26日のこと。部下から報告を受けた氏は、翌日の夜に仲間と共に森へと向かった。

こちらは氏が録音した当時の調査での音声(一部)。起こし原稿の全文(英語)はこちらから見られる。こちらの音声には入っていないが、起こし原稿には「氏や仲間に向かってウインクをしているような"目"があちこち動いているが、あまりにもまぶしくて自分たちの目がやられてしまいそうだ」とも書かれていた。物体はその後、ホルト氏らの目の前で爆発し、姿を消したという。



不思議な出来事に遭遇したホルト氏は報告書を作成。だが米軍はこの出来事を公表せず。83年に英『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』紙が報じたことで、初めて公になった。氏は自分たちが目撃したのは間違いなく、これまでに見たことのないような知的な存在だったとも話している。

「レンデルシャムの森事件」を紹介したドキュメンタリー(イメージ映像)
https://www.youtube.com/watch?v=jgW3vEYA-Bg


【参照リンク】
・RENDLESHAM: US commander feared attack after 'UFO fired laser' and 'explosion in woods' | Weird | News | Daily Express
http://www.express.co.uk/news/weird/590814/RENDLESHAM-US-commander-alien-attack-UFO-laser-explosion-woods-Lt-Col-Charles-Halt
・UFOs over Rendlesham? Lt Col Charles Halt says radar DID track objects - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NTaQbnCJDJY
・Colonel Charles Halt Audio Tape Transcription
http://www.ufocasebook.com/Halt.html 
続きを読む