1300人の部下がいた元マフィアのボスが語るビジネス観がスゴすぎる


7月30日に放送されたフジテレビ系の人気トークバラエティ『アウト×デラックス』に、元・マフィアで、現在は作家兼実業家のさぶろう(42)氏が出演した。あのマツコ・デラックスも思わずのけぞった、あまりにも強烈すぎるキャラクターとトーク内容に注目が集まっている。



この日、「イメチェンに成功した元マフィアのボス」という触れ込みとは裏腹に、白スーツにスキンヘッドという「いかにも」な雰囲気で登場したさぶろう氏は、着席するなり、純白に光り輝く歯を見せながら笑顔で挨拶。そのため、のっけからMCのナインティナイン・矢部に「...イメチェンできてます?」「歯、清原さんと一緒じゃないですか」とツッコミを食らった。それに対して「清原さんとサウナで一緒だったんですよ」といきなりの衝撃発言。
トークでは、18歳で上京し様々な職を転々とした結果、22歳でマフィアを結成、最盛期は1300人を部下に従える巨大組織へと成長させたことなどを明かした。その中で同氏は、「お金を稼ぐと言っても、悪いことをしたからと言って儲かるわけではないんですね。良い事でも悪い事でも、儲けるって難しくて、難しいけどすごく簡単なんですね。やり方さえわかっていれば」「FXってすごく精神論が響いてくるんですね。精神的に強くないと絶対に勝てないです。絶対です。俺負けないもんってやってる人って負けないんですね」と、独特のビジネス感を披露。

この発言に対し、ネット上の視聴者からは「ぐう正論」「めっちゃ頭良さそう」「迫力あるのに穏やかというのがまた怖い」「マツコがのけぞるくらいやからとんでもない額を稼いでたんとちゃう?」「なんかちょっと情熱大陸っぽいw」と称賛の声が相次いだ。

番組中、当時の年商や収入について聞いたマツコが、「すごい!マフィアすごい!」と絶賛しつつ、今にも卒倒しそうなリアクション見せたさぶろう氏のトーク。「これから唸るほど稼ぎたいなと思ってる」と語る同氏のさらなる活躍に、多くの人々が注目しそうな気配だ。

■参照リンク
さぶろう ブログ
http://ameblo.jp/aublaw/
『アウト・デラックス』公式サイト
www.fujitv.co.jp/outdx/index.html
続きを読む