全長1.5メートル!「MEGAバット」の異名をもつオオコウモリがマジでデカすぎる【動画】



吸血コウモリという名前がひとり歩きしたり、ドラキュラと混同されたりしたことから、危険動物のように思われているコウモリ。哺乳類から進化したもので完全に飛行する唯一の動物だ。そんなコウモリの中でも最大といわれる、オオコウモリ=メガバットが桁外れにデカイとネット上で話題になっている。

https://youtu.be/TnZKh8h2zCY


海外での別称の、フライングフォックス、つまり空飛ぶキツネという表現が妥当といえるような、1.5メートルを超える大きさ。巨大な羽はまるでバットマンそのものだ。

大量に群がる姿を見ると若干の恐怖を覚えるが、実は果物などでが主食で肉食動物ではないという。

https://youtu.be/5FK9tWT5pA4
続きを読む