SMAP木村拓哉の「シャンプーは目をつむらない」エピソードの後日談が衝撃と話題に


7月31日夜に放送されたTOKYO FM系の人気ラジオ番組『木村拓哉のWHAT'S UP SMAP!』で、SMAPの木村拓哉が、先日テレビ番組で語って話題となっていた「シャンプーをするときに目をつむらない」というエピソードについて、後日談を紹介。その意外な結末がファンの間で話題となっている。



先日、フジテレビ系の人気バラエティ『SMAP×SMAP』で語り、その後ファンからの反響も大きかったというこのエピソードについて、リスナーからの投稿に答える形で語り始めた木村は、「スマスマで又吉さんが来てくれた時に、その話になって、"もうひょっとしたらシャンプーをするときでさえ目を開けてるような..."みたいなことを言われて。よーく考えてみたら、そんなにつむってねーなーみたいに思って、そんであの場では言ったんすよ。...で、ふと実生活に戻り、風呂でシャンプーをするという、まぁ、工程になりますよね。その時に、ふとその又吉さん達とこう、コミュニケーションをとっていた時の会話を思い出して、俺たしか、目開けてるって言ってたよなって思ってシャンプーしてたんすよ。で、気づいたら、俺、つむってるんすよ(笑)」と、実際にはつむらない派であったことを告白。

そのため、これを聞いたファンからは「まさかの展開wwww」「自分も試してみてすげえ難易度高いなって思ってたんだわw」「そらそうだわwwww」「くっそ、スマスマ見て目を開くのひそかに挑戦してたのにwwwwww」といった声が相次いだ。

結局のところ、「...あのね、思い返したら、つむらないのは、ロン毛の時だった」と、「つむらない」という行為が、ロン毛時限定のことであったことを明かした木村。やはり短い髪のときに下を向いて洗髪していると、シャンプーが目に入ってしまいやすいため、どうやら「つむる」方がオススメといえそうだ。

文・福原優也



■参照リンク
『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』公式サイト
http://www.tfm.co.jp/what-s/
続きを読む