松嶋菜々子がTBSドラマ『レッドクロス』で見せた劣化知らずの美貌と演技力に絶賛の嵐




8月1日・2日にかけて放送された連続ドラマ『TBSテレビ60周年特別企画 レッドクロス~女たちの赤紙~』に、女優・松嶋菜々子(41)が出演。昔と変わらぬ魅力を披露し、視聴者から称賛の声が相次いでいる。

このドラマは、70年前の日本を舞台に、女学生から従軍看護婦になった一人の女性の姿を通して、第二次世界大戦を振り返った作品だ。松嶋は主人公の従軍看護婦・天野希代役を務め、主人公の20歳当時も一人でこなすなど、アラフォーと思えぬ美貌と演技力で好演した。視聴者からは「めっちゃ泣けた...」「松嶋さんってホントに劣化しないよな」「自分と親子くらい歳が離れた設定の役をこなせるってすごすぎる」「この人みたいに歳をとりたいと思った」「今年はTBSのドラマかなり頑張ってる」「松嶋さんまた出ないかな」との感想。同性である女性視聴者を中心に、改めてその魅力を称賛する声が相次いだ。

今年でデビューから24年目となり、その美貌に加え、円熟味のある演技にも注目が集まる松嶋。これからも、その幅広い活躍に注目が集まりそうな気配だ。

文・福原優也

https://youtu.be/8KieVLhbTB8




■参照リンク
TBSテレビ60周年特別企画 レッドクロス~女たちの赤紙~
http://www.tbs.co.jp/redcross_tbs60/
続きを読む