ガラガラヘビと自撮りしようとしたバカ、噛まれて治療費1800万円に【動画】



毒牙を持つガラガラヘビと一緒にセルフィー(自撮り)しようとした男が案の定ガブリと噛まれてしまい、結果的に高額な治療費を払う羽目になったという哀しいエピソードが「バカすぎる」と話題だ。

https://www.youtube.com/watch?v=tBAsTw1VTBk


米カリフォルニア州・サンディエゴ出身のトッド・フェスラーさんは、茂みで発見したガラガラヘビを捕獲。一緒にセルフィーを撮ろうとしたところ、腕を噛まれてしまったという。

噛まれた後の状態は凄まじかったようで、「体中が痙攣して、まさに全身麻痺だった。舌が出て、両目は焦点が合わなかった」と語るトッドさん。濃い紫色の痣のようなものが腕全体に広がり、腫れ上がっている様子が痛々しい。彼は2つの病院で治療を受け、両院の抗毒血清を使い切り、約15万ドル(約1865万円)を超える高額な医療費を支払う羽目になったというから残念な話だ。

ちなみに、トッドさんはペットとしてガラガラヘビを飼っていたそうだが、この事故に懲りて自然に戻したそうだ。猛毒ヘビとセルフィーしようとして死にかけたトッドさんの行為と、アメリカの高額な医療費に対し、ネット上では、

「バカすぎる!」
「危険な生物とセルフィーなんて!」
「正気か!? ただのバカか...」
「命拾いするために、こんなに高額の医療費がかかったとは!」
「これ高すぎだろ!」

と、どちらにも衝撃を受けている人が多いようだ。

【参照リンク】
・Rattlesnake selfie: Man nearly killed posing with snake for picture landed with £100k medical bill
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/rattlesnake-selfie-man-nearly-killed-6128169
続きを読む