映画『バイオハザード』最新作ついに始動!アリ・ラーターの復帰が明らかに


映画『バイオハザード』シリーズ最新作『Resident Evil: The Final Chapter(原題)』に、アリ・ラーターが戻ってくる。


2002年に第一作目が公開されてから、次で6作目となる世界的人気シリーズ。この作品での共演がきっかけで、主演のミラ・ジョヴォヴィッチと監督のポール・W・S・アンダーソンは実生活でもパートナーとなったが、そんな最新作が製作始動というだけでもファン歓喜なのに、クレア・レッドフィールド役で人気を博したアリ・ラーターがカムバックするというビッグニュースが舞い込んできたのである。

アリ演じるクレアは、『バイオハザードⅢ』『バイオハザードIV アフターライフ』に出ていたが、その次の『バイオハザードV リトリビューション』には出ていなかった。しかし最新作となる6作目で戻ってくるという噂は数ヵ月前から出ており、今回それが正式に認められたかたちだ。

最新作では他にも、ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド役)、シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン役)、リー・ビンビン(エイダ・ウォン役)など、過去の人気キャラが何人か戻ってくるという噂も。

最新作『Resident Evil: The Final Chapter』の撮影は、今年8月末から9月に南アフリカで開始予定だ。

https://youtu.be/086wIBkNuFk

https://youtu.be/FJyJQhLDenA


■参照リンク
http://www.slashfilm.com/
続きを読む