【悲報】フュリオサことシャーリーズ・セロン、『マッドマックス』続編にサインしてない!


世界各国で爆発的ヒットと熱狂を巻き起こしているジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。既に続編『Mad Max: The Wasteland(原題)』をの製作が決定しており、主演のトム・ハーディはあと3作、続編に出演する契約を結んだと報じられているが、本作のもうひとりの主役といっても過言ではないフュリオサ役のシャーリーズ・セロンは契約していないことが明らかになった。



先日、ニュース番組「USA Today」に出演した際、『マッドマックス』続編について聞かれると、「『Wasteland』って何?初めて聞いたわ」と衝撃の発言をしたシャーリーズ。少なくともシャーリーズにはまだ出演依頼がいっていないということで、これから話がいくのか、それとも次作には出ないのか、そこらへんの詳細は明らかではない。

既に世界で3億7000万ドル(約460億円)の興行収入をあげている『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。批評家や観客からはほぼ満点に近い高い評価を得る大絶賛、何度も映画館に足を運ぶファンが続出する、近年まれにみる素晴らしい作品であるだけに、スタジオ側や監督も、続編を作るなら期待とクオリティが落ちないものをつくらなければというプレッシャーがあるのは確実だ。どのようなストーリーで誰の物語にするか、最終的な判断を下すのは、DVDが出てからと言われている。

そしてそれゆえに、まだシャーリーズに声がかかっていないのではという見解も。マックスはタイトルロールなので出演しないことはないが、フュリオサは強烈とはいえ新しいキャラクター。しかし彼女の物語を見たいというファンは多い。今後の進展から目が離せないのは確かだ。







■参照リンク
http://blogs.indiewire.com/
続きを読む