2017年公開、新『スパイダーマン』映画を徹底解説!マーク・ウェブからサム・ライミ路線へ?



ついに新スパイダーマン映画の布陣があきらかになってきました!出演はトム・ホランド君19歳です!!!
監督はジョン・ワッツ、脚本は「バケーション(15)」のジョン・フランシスデアレイとジョナサン・M・ゴールドステインです。

6月23日(火)マーベルとソニーの共同発表で、2017年7月28日公開予定の新「スパイダーマン」映画
・ピーター・パーカー役はトム・ホランド
・監督はジョン・ワッツ
と発表されました!



マーベル・スタジオのキーマン、ケヴィン・ファイギ氏が、突然 6月下旬に開催された「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」のジャパン・プレミアに来られなくなったのは、恐らくこの発表の準備のためだったのでしょう。

さてこの新スパイダーマンについては、何度もこのコラム(スパイダーマンが映画『アベンジャーズ』に参戦?『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』新情報)でとりあげてきました。

ただトム・ホランドくんの名前がクローズUPされてきたのは最近だし、またジョン・ワッツ監督はダークホースでした。
というのも、一番有力だったのは、もともとスパイダーマンの悪役たちに焦点をあてた「シニスター・シックス」の脚本&監督候補にドリュー・ゴダードでした。彼は何よりもジョス・ウェドンとも仲がいいので、スパイダーマンとマーベル・シネマティック・ユニバースをつなげるにはいい人選だろうと。
しかし、その後ジョナサン・レヴィンやジェイソン・ムーアという青春コメディ系の監督たちが候補にあがりました。そしていきなりジョン・ワッツです。この人は「クラウン」というホラー映画や今度「コップ・カー」というスリラーが公開されます。僕はジョン・ワッツについては、この記事で知ったぐらいで・・・大抜擢ですね!

ドリュー・ゴダードは「キャビン」という傑作ホラーの監督なんですが、要はサム・ライミ的なホラー映画監督にするか、マーク・ウェブ的青春映画路線にするか迷ったが、結局サム・ライミの流れをひくジョン・ワッツにしたということでしょうか?
トム・ホランドくんは19歳。アンドリュー・ガーフィールド同様イギリス出身。日本ではあまり知られていないんですがスタジオ・ジブリの「借りぐらしのアリエッティ」のUK公開版は、彼が主人公の男の子の吹き替えをしたそうです。
実はこの発表前からトム・ホランドがスパイダーマンらしという噂は流れていました。

インスタなのですが、これはどうやらアトランタのゴルフ場で、ここで「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」の撮影がこのタイミングで行われていたり、

いきなり、こういうアクロバティックな投稿したり。

Fun fun fun

✌️さん(@tomholland2013)が投稿した動画 -



Daisy ball 😝

✌️さん(@tomholland2013)が投稿した写真 -



というわけで新生スパイダーマン=ピーター・パーカーの誕生を祝いたいです。
監督のジョン・ワッツによれば
「高校生ヒーローとしてのスパイダーマンを描きたい。高校生という設定だからこそ、数あるヒーローの中で、スパイダーマンは皆が共感しやすく、だから愛されるんだ。高校生ヒーローという意味で、トム・ホランドは最高のキャスティングだ」
とコメントしています。

気になるのは、2017年7月28日公開予定の新「スパイダーマン」映画(タイトルは「SPECTACULAR SPIDER-MAN」 との噂あり)ですが、来年公開の「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」に本当に登場するか?です。脚本担当の2人は、「登場する」と発言しています。登場するとしてもどのくらいの出番かですね。多分通常のカメオよりは登場するのでは?

また「アントマン」で、スパイダーマンの存在についてなんらかの形で語られる ・・・とのスゴイ噂も。
こうした発表にともない、ネットの方では
・これが新コスチュームだ
・登場するヴィランはバルチャー(鳥怪人) スコルピオン(サソリ怪人)
との情報が流れましたが、少なくともこの2つについてはガセだった模様。ただ、ミッキー・ローク出演の「レスラー」のヒロインを演じていたマリサ・トメイが、メイおばさんを演じるというのは本当のようです。

なおこの映画の方の発表で隠れてしまっていますが、世界観がリセットされた、マーベル・コミックの世界では、黒人の男の子マイルズ・モラレスが、これから"いわゆるマーベル・ユニバース"におけるスパイダーマンになります。
今まで彼は"アルティメット・ユニバース"というパラレル・ワールドでのスパイダーマンだったのです。それが"シークレット・ウォーズ"という全パラレル・ワールドを巻き込んだ戦いにより、すべてが交わりリセットされ、こういう結果になったのです。

映画の話題にもどりますが、トム・ホランドは来年公開される「白鯨のいた海」という映画で、クリス<マイティ・ソー>ヘムズワースと共演し、脚本家の2人の最新作「バケーション」にはクリス<マイティ・ソー>ヘムズワースが登場。今度の新スパイダーマン、なぜかソーのお導き?

GO!SPIDEY!GO!

文・杉山すぴ豊



続きを読む