知り合いで一番面白い人を紹介してもらっていくと最終的に松本人志にたどり着く?



8月5日夜に放送されたTBS系の人気トークバラエティ『水曜のダウンタウン』で、かねてより、お笑い界で都市伝説化している『松本人志最強説』に関する検証が登場。その驚愕の結果が、視聴者の間で話題となっている。

https://youtu.be/IzO81BixJtE


この日、番組ではアンジャッシュ・児嶋一哉がプレゼンテーターとして立ち、『知り合いで一番面白い人を紹介してもらっていくと、最終的に松本人志にたどり着く説』を検証。少年野球をやっている12歳の小学生を皮切りに、『知り合いの中で一番面白い人を教えてもらっていいですかか?』という質問をひたすらぶつけていき、それを受けた別の人物がさらにそれを繰り返していくという内容で検証したが、知り合い同士でループしてしまうため、意外と難航することに。しかし、アニメの制作に携わっているという若者を介して、13人目で岡田斗司夫が登場すると状況は一変。そこから キングコング・西野亮廣 ホームレスの小谷さん ジャルジャル・福徳秀介 天竺鼠・川原克己を経て、ついに18人目で松本の名前が出るという結果に。
こうした結果を受けてネット上の視聴者からは「これホントかよwwww」「松本マジすげえなw」「西野久々に見たわwww」「まさかオタキングがターニングポイントになるとはwww」「少年野球ループで終わってたらおもろかったなw」「うえーいなガキのところからよく回復したと思うわwww」といった驚きの声が。今回検証されたこの説は、かねてより、業界内でも半ば都市伝説的に語られていたものあるだけに、一般の視聴者にとっても、そのインパクトは思いのほか大きなものとなったようだ。

文・福原優也

■参照リンク
『水曜日のダウンタウン』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/
続きを読む