トレンドは「寄せて上げない」 大きな胸を小さく見せたいブラジャーが売れるワケ




夏は薄着の季節。女性が下着選びに気をつかう時期でもありますね。

カップ数がアップできるブラジャーをはじめ、きれいな谷間や上向きのおっぱいのラインが作れるブラジャーなど、そのテクノロジーの進化に驚く人も多いでしょう。

女性のブラ事情を見てみると、進化はこれだけではありません。なんと、"大きな胸を小さく見せる"ためのブラが誕生し、売れているというのです。意外にその歴史は古く、下着メーカーのワコールが"大きな胸を小さく見せる"と堂々と商品名にして発売を始めたのは2010年のこと。20~40代の女性に「ブラジャーに求めることは何か」とアンケートをとったところ、「バストを大きく見せる」という人が24.6%だったのに対し、「バストをコンパクトに見せる」という真逆の回答をした人も10.7%という結果に。無視できないニーズと考えました。

おっぱいは小さくても悩みですが、大きくても悩みに。胸が大きいだけで太って見えてしまい、特にワンピースを着たときに妊婦のように見えてしまうこともあるのだとか。また、ブラウスのボタンがはずれそうになって、隙間からブラジャーが見えてしまうことも。プライベートならまだしも、ビジネスシーンでは気になってしまい、仕事に支障をきたしてしまうという声もあります。

寄せたり上げたり、逆に押さえたり小さくしたり。女性の胸も十人十色、求める理想も違うようです。服の下に隠された、女性の心理と工夫が垣間見えてきそうですね。



■参照リンク
小さく見せるブラ|ワコールウェブストア
続きを読む