43歳マツコ・デラックスが体感年齢は「15歳」であることを告白


8月5日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、現在43歳のマツコデラックスが、体感年齢は15歳であることを明かした。


この日番組には、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でお馴染みの北村晴男弁護士が親子で出演、娘が頑固親父を説得する方法について相談した。

心理学者の植木理恵氏は、人の意見を聞かない北村氏に向かって「おおむね幸せですか?」と質問。その上で、仕事とそれ以外を切り替えられる人は歳を重ねてから「豊かだった」と思う傾向があり、何事も仕事などと切り離さず考える人は「薄い人生だった」と思う傾向があるというデータを紹介した。

マツコは、植木氏が示したデータに大きく納得し「私43歳だけど、まだ15年くらいしか生きてる感じないもん!」と発言。さらに、「(人生)あっという間。(あれこれやってないから)プライベートなんてよく分かんなくなってきてる」と告白した。

植木氏によると、仕事を忘れて夢中になれるものを5つ以上(5つ以上の自身のキャラクター)持つと、うつ病の罹患率が下がるのだとか。これを聞いた明石家さんまは「俺、うつ病!?」と不安そうな表情を見せたが、すぐさまマツコが「絶対違う。そう病!」とツッコんでいた。

植木氏が示したデータについて、一部の視聴者たちは「マツコさんがまだ15年くらいしか生きてない感じ、っていってたのすごいよく分かる」「寝ても覚めても同じテーマを追いかけてるとそうなりがちかもね」「そりゃそーだろーね」などと納得。マツコと同じように、実年齢と体感年齢が一致しない人は意外と多いのかもしれない。

■参照リンク
『ホンマでっか!?TV』公式サイト(毎週水曜日21:00~)
http://www.fujitv.co.jp/honma-dekka/
続きを読む