ピース又吉と一緒に芥川賞を受賞した作家・羽田圭介のキャラが強烈すぎると話題に


8月6日に放送されたフジテレビ系の人気トークバラエティ『アウト×デラックス』に、先日、『火花』のピース・又吉直樹と共に芥川賞を受賞したばかりの作家・羽田圭介(29)が出演。その際に披露したあまりに濃すぎるキャラクターに注目が集まっている。


この日、数時間をかけて焼いたという自作のクッキーを携えて登場した羽田は、自身が何に対しても合理主義であることを説明した上で、「結婚した女友達とかと会っても何の意味もねーなーと思っちゃうんですよね」「自分がやらないスポーツを他人がやってるのを観てもあんまり意味ねーなーって」「女性アーティストの歌とか聞いても自分じゃ歌ったりできないんであんまり意味ねーなーって思って」と、独特な「意味ねー」節を連発。

また、「W受賞で目立たなくて気の毒」という声が多いという今回の受賞については、羽田本人は「むしろ便乗できておいしいなと」「宣伝効果たるや凄まじいなと」と、かなりポジティブな気持ちを持っていることを告白。

挙げ句、受賞日のリベンジとして、デーモン閣下のメイクで聖飢魔IIの楽曲を熱唱することに挑戦することとなった羽田は、その熱唱後、「やっぱ最初の1音目の子音から音程をとらなきゃいけないのに、そこちょっと甘かったなって」と何故か歌手目線で反省コメントをするなど、トークを聞いていた南海キャンディーズ・山里をして「又吉の裏にこんな特濃なキャラいたんですね!」と驚くほどの独特なキャラクターを披露し続けた。


そのため、こうした羽田の挙動を見た視聴者からは、「なんだこの芸人wwww」「これはあかんやつのにおいがするwww」「ここまで本音を言われると嫌いになれないなw」「ひとまず本買ってみるわ」といった様々な声が。

なお、同賞受賞作『スクラップ・アンド・ビルド』(文藝春秋刊)は本日8月7日発売とのこと。気になる人は一度その作品に触れてみては如何だろうか。



文・福原優也

■参照リンク
・羽田圭介twitter
https://twitter.com/hada_keisuke/media
・『アウト×デラックス』公式サイト(毎週木曜23時から放送中)
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html
続きを読む