飛行機からiPhoneが落下!→諦めずに執念の捜索、衝撃の展開へ




ヒューストン発の小型飛行機に搭乗したテキサスのビジネスマン、ベン・ウィルソン氏。彼は自家用飛行機で故郷に向けて飛行中に気圧の変化で助手席のドアが開いてしまい、そこからiPhoneが落下したことを着陸するまで全く気付かなかったという。



ベン・ウィルソン氏はガス・コーポレーション・アメリカのオーナー。彼はiPhoneを諦めきれず、従業員と捜索隊により落とした付近を捜索。アプリを駆使し、結果、牧草地付近にあることまで突き止めたという。彼のiPhoneは木の下に落ちていたそうだ。

幸いにもiPhoneはまだ無事で、角に少し傷が付いている程度で発着信も可能な状態だったとか。耐性のあるMophieのバッテリー充電器ケースを付けていたために助かったとしている。

ベン・ウィルソン氏は飛行機のドアが開いた際に、新聞が落ちるのは見たが、iPhoneが落ちるのは気づかなかったそうだ。
続きを読む