ノーヒッター・岩隈が海外でも話題に ネット上では「野球あるある」で大盛り上がり




シアトル・マリナーズの岩隈久志が8月12日のボルチモア・オリオールズ戦で、ノーヒットノーランを達成した。



9回116球を投げ無安打、3つの四球という内容で、日本人では2度ノーヒットノーランを達成した野茂以来の2人目。ネット上でも掲示板Redditでの実況中継スレッドでは、9回の場面で「ノーヒットノーランはひいきのチームじゃなくても緊張するね」「マリナーズも岩隈も興味ないのにドキドキしてる」、球場でも一球毎に歓声と沈黙の繰り返す緊張感溢れる展開に、1人目の打者のファールボールをファインプレーでキャッチしたカイル・シーガーに「偉大な記録にはファインプレーが付き物だ」「終わりの方に必ずスーパープレイがある」など"野球あるある"のコメントが続出。

その後テンポよくサードゴロ、センターフライに打ち取り記録達成となった岩隈に、「岩隈はノーヒットノーランに値する」「マリナーズとファンはおめでとう。この試合を見れて良かったよ」「6つもスレッドが立っていてどれにおめでとうって書けばいいんだよ」など興奮気味のコメントが。

アメリカンリーグでは単独投手としては3年ぶりで、同じくマリナーズのフェリックス・ヘルナンデス以来。2012年6月の投手継投でのノーヒットノーランと、3年間で3度のノーヒッターに何かと縁のあるシアトル。特にDHのあるアリーグは投手には不利でなかなか記録が出難いこともあり、MLB史上291人目の岩隈の記録は快挙といえるだろう。

■参照リンク
http://m.mlb.com/
続きを読む