『アナと雪の女王』のエルサとアナ姉妹に弟がいた!?説がネット上で話題に


"メガヒット映画『アナと雪の女王』のエルサとアナ姉妹に弟がいた、しかもそれはあのターザン!"という説がネットで注目を浴びている。



<buzzfeed>によると、『アナ雪』(2013年)と『ターザン』(1999年)の監督クリス・バックは「エルサとアナの両親は生き延びて島に流れ着き、そこで男の赤ちゃん(ターザン)を生んだ」としている。また<MTV News>のインタビューでは、この2作品が公式に関連しているわけではないものの、監督自身はエルサとアナの弟はターザンだと考えているそうだ。

どうやらエルサとアナの両親はスカンジナビアの海から遠くに流され、ジャングルにたどり着いたらしい。妊娠中だった母親は、漂流中のボートの中で男の子(ターザン)を生んだというわけだ。

バック監督は「(エルサとアナ&ターザンが姉弟説を)信じたい人は、信じればいいと思う。すべてをまとめてイメージしたいのなら、そうすればいいんだ。それこそが、ディズニーの精神だからね」とも。

以下はバック監督が手がけた『アナと雪の女王』と『ターザン』の予告編。両方を見れば、やはり"つながってる"と思うだろうか?

https://www.youtube.com/watch?v=TbQm5doF_Uc


https://www.youtube.com/watch?v=lfciC33t3M0


(C)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

【参照リンク】
http://www.buzzfeed.com/
続きを読む