落ちたら即死!安全装置なしで断崖絶壁の綱渡りに挑む男がスゴすぎる【動画】




安全装置なしでの綱渡り「スラックライン・ウォーク」で、スペンサー・シーブルックが幅210フィート(64メートル)を渡る新記録を樹立。息を呑む様な映像が公開され話題となっている。

https://youtu.be/EzrI8BeOw_0


これは、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州スコーミッシュの断崖絶壁に設置された、ロープを何もつけずに渡るという命知らずの挑戦だ。高さ951フィート(290メートル)、210フィート(約60メートル)の距離だが、前半でバランスを崩すシーンがありハラハラさせられる。しかし立て直した後はバランスをキープしてゴール!

映像では、絶壁を俯瞰したものや、綱渡りの引きでのシーン、さらに真上からドローン撮影したものまで収められているが、映像以上に音の効果と迫力がスゴい。綱渡りする際の息遣いや、奇声を発する姿までもが映像に収められている。助けてくれるもの無しで綱渡りするとんでない緊迫感、見ている方も叫びたくなる程ハラハラしていくる映像だ。
続きを読む