100万回再生!子供に夢の大切さを伝えるサプライズ課外授業が泣けすぎる【動画】




夢を追いかけることの大切さを伝える動画「SYNC DREAMS 〜 子どもたちが、夢に近づく特別授業 〜」が、爽やかな感動を呼ぶと話題になっている。

https://youtu.be/GWZesOT3ZgI


この動画は、「バレリーナ」「ドラマー」などの夢を抱く子ども達の前に、実際に、同じ夢を実現させ、世界で活躍している日本人が"先生"として登場し、サプライズの課外授業が始まる......というストーリー。

世界一のバレリーナを目指す少女が、教室の扉をあけると、スクリーンの向こうに登場したのは、バレリーナの宮崎たま子さん。宮崎さんは、若手ダンサーの登竜門であり、"バレエ界のワールドカップ"ともいわれる「ジャクソン国際バレエコンクール」で、2014年に銀賞に輝き、現在はワシントンバレエ団に所属して活躍する現役バレリーナだ。

通信技術だけでなく、360°キャプチャや、プロジェクションマッピングなどさまざまなテクノロジーを駆使して行われる、「宮崎先生」による1日限りの夢のプライベートレッスン。楽しそうにレッスンを受ける少女の表情が全てを物語っている。

一方、プロドラマーを目指す少年の前には、ボストン在住の森智大さんが現れ、レッスン後は、本格的なセッションを実施。最新テクノロジーを使って、遠い海外にいる"先生"と、日本の"生徒"2人の心がつながっていくプロセスがじっくりと描かれ、子どもだけでなく、大人も、夢を抱くことの大切さを思い出させてくれる展開となっている。

この動画は、KDDI株式会社が制作し、同社特設サイトおよびYouTubeで公開中。7月31日(金)の公開からおよそ10日で、再生回数は100万回を超え、8月19日現在では、120万回を超える勢い。ネット上では「朝からボロッと泣いてしまった。夢って大事」「このCMすごい!めっっっっっちゃ夢ある...」「泣いてしまった。こんなことが出来るんだなー。よし。がんばるぞ。」など、感動の声が多数寄せられている。

■参照リンク
KDDI SYNC DREAMS
http://connect.kddi.com/sync/dreams/
続きを読む