ニルヴァーナのカート・コバーン、衝撃の死から20年 いま語られる真実とは?


1994年、衝撃の死を遂げたニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーン。その真実を徹底的に追求した音楽ドキュメンタリーの傑作!『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』が11月6日に発売される。


本作は、ショットガンによる自殺から20年の時を経て、その多くが封印されたていた幼少期のホームビデオや彼が残した音源、メモ、イラストなどを関係者のインタビューを交えて構成したファン待望の歴史的ドキュメンタリーだ。実際の演奏や会話にアニメーションを付けた映像は、謎の多いカート・コバーンの半生をより臨場感あるものにしている。


監督は「On The Ropes」でアカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされ、また結成50周年を記念したローリング・ストーンズ初の公式ドキュメンタリー『クロスファイアー・ハリケーン』も手がけたブレット・モーゲン。8年ほど前から準備を進め、カート・コバーンの関係者たちの絶対的な信頼のもとに製作、膨大な資料を強い情熱で映像化した渾身の一作だ。



『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』は11月6日(金)発売。
ブルーレイ+DVD:3,990円(税別)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
(c) 2015 End of Movie, LLC. All Rights Reserved.

https://youtu.be/vi-WOiq_yzw


■参照リンク
『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』公式サイト
http://liveviewing.jp/contents/cobain/
続きを読む