『恋仲』日本一ショートパンツが似合う女優・本田翼の脚が見られるのはいつ?


24日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、ゲストの星野源が「ショートパンツの女の子が好き」という話をして盛り上がっていた。男性は誰しも多かれ少なかれ、女性の美脚には惹かれる。ミニスカ派はパンチラに期待を寄せたりもするが、脚そのものが眼福だから下着は関係ないというのがショーパン派。太ももから堂々と出してくれているのが嬉しい。もちろん街中でジロジロ眺めてはいけないが。


そこでテレビ。最近ショートパンツ姿が鮮烈だったのは、「C1000ビタミンレモン」CMの本田翼だ。「ギラッギラの太陽よりキラッキラになってやる」の台詞そのまま、パンツから伸びた太ももからふくらはぎまで、キラッキラに輝くようなツヤやかさ。スレンダーだが棒のようなモデル脚でなく、適度に肉付きが良いのも健康的。躍動感のある脚とでもいうか。

その本田翼がヒロインとして出演中のドラマ『恋仲』(フジテレビ系)。"月9"の原点回帰を思わす王道ラブストーリーで、視聴率の1ケタ下落が相次ぐ今クールの連ドラのなか、毎回10%前後と安定。若者層を中心にツイッターでも話題になっている。幼なじみの葵(福士蒼汰)とあかり(本田)が想いを寄せ合いながら、近づきそうですれ違う展開は大人も胸キュンにさせる。


だが1コ、大きな不満がある。本田翼のショートパンツ姿が少なすぎるのだ。第1話は高校時代の回想が中心で、制服姿のあかりが葵の部屋のベッドにうつ伏せになり、露わな太ももに葵(と視聴者)がドキドキするシーンがあった。私服場面ではショートパンツ姿も見せた。だが、7年後に再会した2話以降、なぜかマキシ丈スカートやジーパンが多く、ショートパンツの着用率は極めて少ない。4話で海辺にバーベキューに行ったときすら、長いパンツだった。

なぜなのだろう? 夏のドラマだし、普通に本田翼のお似合いのショートパンツ姿がたくさん見られると期待していたのだが。ミニスカだとあざとくて不自然だが、ショートパンツは昨今のファッションとして自然。4話のバーベキューのときは、葵の妹の七海(大原櫻子)がショートパンツだった。20代半ばの設定のあかりはもうショートパンツは穿かない、ということか。でも、街の女性たちを見ても、そんなことはないだろう。

本田翼は笑顔だけでも十分素敵だ。けど、せっかく日本一ショートパンツが似合う(かもしれない)女優が、夏のドラマでヒロインを演じているのだ。出し惜しみはもったいない。視聴率にも、彼女のショーパン姿だけでコンマ何%分かは上乗せできると思うが。あえて脚を出さないのだとしたら、誰得なのかがわからない。

放送は全9話と発表されている『恋仲』。残りはあと3話。恋の行方と共に、本田翼のショートパンツ姿がどれだけ拝めるかも、期待を込めて注目したい。

文・斉藤貴志

https://youtu.be/gr1BIv6vZiU


https://youtu.be/bn-lp9i8pbE


■参照リンク
『恋仲』公式サイト(毎週月曜よる9時から)
http://www.fujitv.co.jp/koinaka/index.html
C1000 CM紹介
http://www.c1000.jp/cm/
続きを読む