山里亮太、堀北真希と結婚した山本耕史のアプローチを「自分がやると変態ストーカーの奇行」


8月26日に放送されたTBSラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』で、南海キャンディーズの山里が、堀北真希と山本耕史の結婚について語り、話題を呼んでいる。


山里は番組序盤で「いきなり飛び込んできたこのお知らせに、俺からすれば、希望の光が見えたって感じのことがあって・・・」と語り、「堀北真希さんですよ。堀北真希さんが山本耕史さんと結婚って。凄いよね」と2人の結婚について触れた。

山里は、山本耕史が6年間想い続けてきたこと、40通の手紙を送ったこと、最後には堀北のスケジュールを調べて、京都に行く新幹線を予想しその場に指輪を渡してプロポーズした事を説明。そして、「こんな凄いことある?で、思うんだけど、じゃあ皆さん、今の話の主人公を俺に変えてみてごらんなさいよ。山本さんっていうのは素敵な方ですよね。役者としても実力がある。舞台を中心に凄い役者さん。そういう人がそういうことをやると、なんていうか『ピュアな男性の一途さが産んだ奇跡』みたいになるでしょ。でも、俺がそれをやった瞬間に、『変態ストーカーの奇行』に変わるわけじゃない?」と早速核心に触れる発言を。

それを不公平に感じている山里だが、「それで思ったんですよ。俺もそんな素敵な恋をしてたら良かった。そういうことをしてたら良かったんだ、って思った時に、もうリスナーの皆も気づいてる通り、『してんじゃん、俺』って。山本さんと同じように、どんどん刻んできたんじゃん。俺も次のステージに行けばいいじゃん」と勢いがついたようだ。

それは、山里が長年想いを寄せている上戸彩に対してのこと。山里は、10年間にわたって毎年上戸の誕生日にオリジナルラジオを作り、それをCDに入れて上戸にプレゼントしていたのだ。

山里は、「だからここでもう、発表します。今年も作ります!収録のスタジオは押さえてるんです。私ね、気づいたんです、『これだ!』っていうのに。俺もバカじゃない、大人だから学習してるんですよ」と意気込みを語り、「今年は凄いよ。なんと40枚!(笑)。40枚作ってね、新幹線で待ち伏せしてドン、でしょ」と山本の40通の手紙を意識して、CD40枚を宣言した。

この発言にネット上では、「【悲報】山本・堀北結婚問題で、山ちゃんの上戸彩へのストーカー思想に拍車がかかる」「上戸彩は10年間山里さんを訴えないだけで好感度が上がるな」「10年に渡り上戸彩ちゃんの誕生日に毎年ラジオCDRを制作して贈って振られた山ちゃんと、ラブレター40通でゴールインした山本耕史の違いとは」「今年は上戸彩に40枚もラジオCD送る奇行」との声が上がっている。





■参照リンク
『山里亮太の不毛な議論』公式サイト(毎週水曜25時より放送)
http://www.tbsradio.jp/fumou/index.html
続きを読む