AKB48高橋みなみが『闇金ウシジマくん』の風俗話をして話題に


8月26日に放送されたMBSラジオ『アッパレやってまーす!』で、AKB48の高橋みなみが、マンガ『闇金ウシジマくん』のあるセリフに衝撃を受け、話題となっている。


番組ではスタジオにいるケンドーコバヤシや西川貴教が、男の「欲」について語り、50、60歳になっても異性への興味は衰えることなく、まだまだ現役であることについて語ると、急に「最近『闇金ウシジマくん』を読んでるんですよ」と語った高橋。

すると、ケンコバが「読んだらアカンで」とアドバイス。高橋が「え?なんで読んじゃダメなんですか?」と質問すると、ケンコバは「落ちるやろ、アレ読んだら・・・」と語った。

『闇金ウシジマくん』は闇金に訪れる人間模様と社会の闇を描いた作品で、山田孝之主演で映画化もされた人気作。その人気の背景には、闇金に手を出さざるを得ない弱者と、その弱者を貪る悪や社会の闇をリアルに描いており、陰湿な内容が多く、救いのない話も多々描かれている。

高橋は、「めちゃくちゃ落ちます!」と同意し、「すげえ落ちて、ブルーになって。世の中への見方が色々変わってくるんですよ」と語る。ケンコバが、どこまで読んだかを質問すると、高橋は序盤の「風俗」の話と語った。

そして「風俗の女の方が、『女性は1日1日、どんどん価値が落ちていくから』みたいなことを言うんですよ。それを読んだ時に『自分も落ちてってるのかな』って思って、凄いブルーになったんですよ・・・」と語った高橋。ケンコバはその話を知っており、「女性社会で落ちこぼれないために、お金を稼がなアカンねんな、女の人は。ブランドとか、皆で『旅行に行こう』ってなった時に、お金出されへんとか」と、女性社会の見栄から借金地獄に陥り風俗嬢になる女性の話だと説明、「大人社会のそういうのもあんのかー大変やなぁ、それ」と驚く西川に、ケンコバは「西川さん、お金余ってるんやったら、OLさんに配ってあげてくださいよ」とお願いし、高橋も「そうですね、世の中困っている人いるんで、、(笑)」と語っていた。

ネット上では、「たかみな、ウシジマくん読んでるとかw」「あれは落ちるぞー」「深い言葉が多すぎるからな」との声が上がっている。

みなみ(18時間前)

あっぱれやってまーす

http://7gogo.jp/lp/7yRhOGmxoKhWkVIvojdMdG==/17895

トークアプリ755からの投稿







■参照リンク
・高橋みなみ トークアプリ755
http://7gogo.jp/lp/7yRhOGmxoKhWkVIvojdMdG==
・『アッパレやってまーす!』(毎週水曜夜22時より放送)
http://www.mbs1179.com/yaru/
続きを読む