山形なまりのヴィジュアル系演歌歌手・最上川司が異色すぎてネットで話題に


8月27日に放送されたトークバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、山形出身のビジュアル系演歌歌手・最上川司が出演。ネット上で「異色すぎる」として話題を集めている。


現在、ビジュアル系ロックバンド・THE MICRO HEAD 4N'Sのドラマーとして活動している最上川は、今年6月に演歌歌手としてソロデビューを果たした。ビジュアル系らしいド派手なメイクと衣装を身につけているため、浜田雅功に「こんな髪ですけど演歌歌手なんですね」と言われると、スタジオからは「え〜!」と驚きの声が上がった。

もともと演歌が好きだったのかと尋ねらた最上川は、「3歳ぐらいから父親の影響で演歌を聴いてまして、物心がついた高校1年生ぐらいからロックに目覚めちゃいまして...」と、山形なまりで自己紹介。現在はロックと演歌という二足のわらじを履いていることを明かした。

最上川は、デビュー曲のタイトル『まつぽいよ』の意味について、「(東北弁で)"まぶしい"っていう意味なんです」と説明した。『まつぽいよ』の作詞と作曲は自身で手がけたそうで、活動を応援してくれる友達や両親を思い出して"頑張ろう"という故郷への想いを歌っているのだという。「思い出がまぶしいよっていうので『まつぽいぽいぽいぽい』ってやって(歌って)ます」と歌詞に込めた想いを語った。

番組では、最上川が言い間違えや聞き間違えが多いというバンドメンバーからのクレームが発表され、実は天然キャラであることが発覚した。これについて最上川は「間違った言葉を言っているのは分かっているんですけど、言った時には遅すぎちゃって...」と答え、見た目とは違うマイペースぶりでスタジオを沸かせていた。

これを見た視聴者は、山形出身のV系演歌歌手という異色のミュージシャンに大きく注目。ネット上には「イントネーションが完璧山形弁でワロスwww」「異色過ぎる」「山形の誇り」「V系演歌歌手かっこいい」「ディスパのTSUKASA=最上川司という衝撃の事実を今知った」などさまざまな声が集まった。

https://youtu.be/MDcehWHRyho


■参照リンク
『ダウンタウンDX』公式サイト(毎週木曜よる10時から放送中)
http://www.ytv.co.jp/dtdx/
続きを読む