ダイ・ハードかよ!マキタスポーツがパニックに立ち向かう連続ドラマ『PANIC IN』が面白すぎる


「BSスカパー!」がブチかました連続"パニック"ドラマ『PANIC IN』は、あのマキタスポーツがジョン・マクレーン刑事バリの『ダイ・ハード』な"パニック"に立ち向かう痛快作だった!
マキタ演じる冴えない中年男・車田寅雄(くるまだとらお)が、各回で職を転々と変え、その職場や通勤中に事件や事故へ巻き込まれてゆく姿を描いた。第1話「高速バス大爆破」などを演出した鈴木太一監督に、同作&マキタの魅力について直撃したぞ!



――実験作でもある「PANIC IN」でメガホンを取ることになって、率直に何を想いました?

よくある恋愛ドラマや青春ドラマではない、「BSスカパー!」ならではのパニック系連続ドラマだなあということは思いました。爆発やテロリストが出てきてどうこうとか、そういうことは普段なかなか題材としてないですし、主演がマキタスポーツさんで毎回ヒロインも出てくると。これは面白くなりそうだなと思いましたね。

――確かに、これは超絶痛快作でした! 実際に撮影を終えて、感想はいかがでしょうか?

実際に携わってみると撮影は楽しかったですが、いろいろ工夫が要りまして......。ハリウッド映画みたいなスケールの爆破とかはないわけですよ。CG映像を想像して撮ることも初めてだったので、難しい部分とかはありました。パニック的な描写を大々的にやったこともなかったので、いろいろ不慣れなことはありましたが、スタッフ、キャストに助けてもらって、なんとかできてよかったと思っていますけど。

――主演のマキタスポーツさんの魅力が炸裂していますね! 共闘の感想はいかがです?

前にテレビドラマの「みんな!エスパーだよ!」でご一緒したことがありましたけど、その時は主要キャラクターではなかったけれど、いつの間にこんなに仲良くなった、っていう感じでヒロインの子と話していた(笑)。すぐ仲良くなっていいなあと。まあでも、感情で芝居する人は嘘がないというか、やれと言われたことをやるのではなく、自分で考えて演じる人物になる。それは芝居を観ていて、楽しかったですけどね。意外にかわいいエピソードもあるので、女性が観てもキュン! とする瞬間もあるとは思います。

――また、映画ネタも見逃せないですな! 第4話の「大銭湯」ってタイトルが強烈で(笑)。

第1話の「高速バス大爆破」は、最初は連続ドラマの最初ということでわかりやすく『スピード』(94)の設定で始めましたが、第4話の「大銭湯」は何かの打合せの時に「銭湯で大銭湯いいですね!」みたいな話があって、そのタイトルが先に残っていた感じはありますね。まあ、戦闘に怪物が出てくると面白いですよね。僕は『エイリアン』(79)のファンだったので、銭湯で卵を産ますみたいな。後は「BSスカパー!」さんなので、おっぱいが出てきても問題ないということで(笑)。銭湯だったら、普通に裸のお姉さんがいる日常なので、それはやってみたかっただけですけどね(笑)。後は団地妻ですね。もはや何のオマージュでもなくて、ただのあこがれですけどね。願望です(笑)。最後にランニングでボロボロになるアタリは、ブルース・ウイリスですが。



――今日はありがとうございました! AOLニュースの読者は、こういうタイプの作品が大好物だと思います。愛すべき車田寅雄たちに、少々メッセージをお願いしてもいいですか?

バラエティーに富んでいますよね。マキタスポーツ主演で、監督もさまざまで、アクションあり、泣ける宇宙人の話あり、ナンセンスコメディーあり、一度観ると、こんな作品なかなかないなって感じると思います。特典もすごく充実していて、夏木マリさんスペシャル番組も必見ですよ。各監督がマリさんと裏話を語ったりしていますので、作品の裏側がわかる。買っていただくと、楽しめますね、売れればまた作れるので、お願いします(笑)。イケメンが主役ばかりのドラマが多いなか、オジサンが主役で、日本を元気にしてくれそうじゃないですか。まずはレンタルでもいいので、気にいったら保存用に買ってください(笑)。

https://youtu.be/TbGNH60k3rc


DVD-BOX『PANIC IN』 発売中
【DVD】⇒ \12,000(本体)+税/4枚組
※レンタル同時リリース

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) スカパー!
http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBP000062172/

■参照リンク
『PANIC IN(パニックイン)』公式サイト
http://www.bs-sptv.com/panicin/
続きを読む