マット・デイモン主演『ボーン』シリーズ最新作、悪役はヴァンサン・カッセル!


マット・デイモンが戻ってくることで話題の『ボーン』シリーズ最新作に、フランスの渋俳優で、『ブラック・スワン』『イースタン・プロミス』『チャイルド44』などで知られるヴァンサン・カッセルが悪役として参戦することが明らかになった。


"悪役"というだけで詳しい設定は明らかになっていないものの、マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンを追う暗殺者らしいと一部メディアで報じられている。

2007年に公開された三作目『ボーン・アルティメイタム』以来のマット・デイモン版『ボーン』シリーズには、既にトミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ビカンダー、そして、過去三作でCIA局員を演じてきたジュリア・スタイルズの出演が発表されている。監督は2作目、3作目のポール・グリーングラス監督が続投。

『ボーン』シリーズ最新作は、今夏終わりから撮影開始、2016年7月29日より全米公開となっている。







■参照リンク
http://variety.com/
続きを読む