​マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん、東京五輪エンブレム問題をイジる!


東京五輪のエンブレムが盗作疑惑で使用中止となったが、音楽業界からこの問題に鋭く切り込む猛者が現れた。マキシマム ザ ホルモンの"キャーキャーうるさい方"ことダイスケはんである。



ダイスケはんがTwitterにアップしたのは、問題のエンブレムの<TOKYO 2020>の部分を勝手にイジったもの。本人いわく「俺がマンションの301号室に住んでるということを踏まえて、我が家の表札として使わせて頂きたい」と<TSUDA 0301>に変更したのである。ロゴの「T」は、もちろんダイスケはんの本名・津田のTである。



さらにダイスケはんは、「とある美容整形外科のエンブレムも勝手に考えてみました」と、<TAKASU 9029>なるエンブレムも製作。どう考えても<高●クリニック>なのだが、こんな地味なことをコツコツ作業しているダイスケはんを想像すると、なんだか微妙な気持ちになってくる。



時事ネタをすかさず取り入れて全世界に共有したダイスケはんに対し、ネット上では

「マジ面白いwww」
「あたしも301です」
「ベルギーのおっさん怒ってくるで笑」
「このタイミングでやらかすなんて最高ですwww」
「暇なのかww」
「使用料取られますよwww」

などなど、絶賛のコメントが多く寄せられている。



【参照リンク】
・マキシマム ザ ホルモン 公式Twitter
https://twitter.com/MTH_OFFICIAL
続きを読む