池田エライザが可愛すぎるパンチラヒロイン!「エロいですけど青春映画。パンチラだのブラジャーだのおっぱいだの盛りだくさん!」 【映画 みんな!エスパーだよ!】


園子温監督最新作、『映画 みんな!エスパーだよ!』にヒロイン・平野美由紀役で出演を果たした、池田エライザに直撃取材! 男子の妄想フルスロットルの本作についてエライザ本人も、「パンチラだのブラジャーだのおっぱいだのが盛りだくさんなので!」と大推奨!

実はAOLニュースでは、『映画 みんな!エスパーだよ!』公開記念"超豪華"リレーインタビューを大実施! その先陣を切ったゲストが、彼女ってこと! オレたちにとってのアオハル!『映画 みんな!エスパーだよ!』を愛する7人+3人が語りすだに!



――『映画 みんな!エスパーだよ!』は池田さんの飛び蹴り&パンチラなどが話題になっていますが、今回のヒロイン・平野美由紀役、演じてみていかがですか?

美由紀の設定はヤンキーですが、とてもピュアなんです。飛び蹴りをしているけれど、不器用なことの裏返しというか――等身大の女の子で、いじらしくてかわいい。そういう側面を大切にして演じました。下品ではなく、不器用だからヤンキーみたいな。そこは映画館で観てほしいところですね。


――確かに美由紀は基本ヤンキーですが、それだけじゃない複雑性も持っていますよね。

劇中ではすごくキレてはいますが、ただのヤンキーの子にすると薄っぺらくなると思いました。美由紀は鴨川嘉郎(染谷将太)の幼なじみで彼に喝を入れる存在というか、ピュアだけれども環境が悪くて、なかなか表に感情が出せず口調が強いみたいな。そういう理解で入りましたね。嘉郎が本当にバカみたいなことを言ってくるので、「なんだよ。」みたいな不満があって、しかも超能力がテレパシーなので周囲のエロい女だのなんだのという声が散々聞こえてしまい、いいことが何一つないって苦しんでもいますよね。



――そして、園子温監督の作品でのヒロイン大抜擢です。それまでの園作品のイメージは、どうでしたか?

園監督の映画を観ていて、過激なシーンは多いけれど、素朴なメッセージがあるなって印象です。根っこをたどっていけば、ピュアだった。だから園作品で過激なことをして有名になりたいという想いは一切なくて、面白そうなので飛び込みたかった。園監督にも「お前はラッキーだったな」って言われましたが、野心的な感覚はなかったんですよね。それに園監督の感性は難しくて、完全に理解はできないと思うけれど、わかったフリもよくないと思って撮影に参加していました。でも強烈で、楽しい現場でした。


――もともと女優の仕事に意欲が???

いえ、ただ面白いことが好きなだけで。いつ死ぬかわからないじゃないですか(笑)。『映画 みんな!エスパーだよ!』のオーディションがあることを聞いて、"そういうシーン"もあるみたいだけれど、面白そうでもある。園子温監督の映画に出るということは、そういうことだと覚悟を持って、「はい、受けます」と言いました。演技の、表現という意味ではモデルとも似ていて、日頃の経験がいきていく仕事だなと思いました。ただ、段取りの後に突然本番に入るので、そこはびっくりしました。わたしはお芝居の経験がなかったので、今では園スタイルが当たり前になっていますけど(笑)。


――いま、19歳ですよね? オトナみたいにしっかりしていますね。

環境のせいですね。なかなかの壮絶な人生だったので(笑)。強くなった部分はあるけれど、強いことともろいことは一緒で、それほどしっかりしている子ではないですよ。でも、自分のことは自分ではわからないです(笑)。


――目標はありますか???

死に際に本を出したい(笑)。それは自伝とかじゃなく、今まで出会った人――たとえばベンチに座っている人とのエピソードなど、そういうことを短編として50エピソードくらい集めて、上下巻で出したい。皮肉も交え、いろいろなパターンの人たちの物語を、エッセイではなくて、ひとつの物語として出したい。これほど個性的な人たちが集まってきて、出会う仕事もなかなかないと思うんです。わたしは福岡県の田舎で育ったので、そういう視点があります。人に対して興味を持てたので、面白い物語を綴りたいですね。


――さて、次のインタビューゲストは、真野恵里菜さんになります! メッセージをお願いしても?

真野さんは、とても人間味あふれるあたたかい人で、わたしと演者のみなさまのかけはしになってくれました。もう、らぶがとまらない! また絶対共演したいです!




――今日はありがとうございました! AOLニュースは、それこそ嘉郎みたいなウブ男子ばっかりなので、エライザさんの飛び蹴りとか喰らいたいところです!

わたし、AOLニュース、読んでますよ。だから、こういう読者もいます。がツイートしたら、女子高生たちがワラワラしていますよ(笑)。
『映画 みんな!エスパーだよ!』は、王道の青春コメディーです。エロいと言われておりますが、根っこの部分は青春コメディーで、今流行っている青春映画とどこも変わらないですよ。でもエロいですけど(笑)。パンチラだのブラジャーだのおっぱいだのが盛りだくさんなので!


―そうなんですよね。我々向けの『アオハライド』(14)みたいなモノで。

そうなんですよ。アオハルですよね(笑)。『ストロボ・エッジ』(15)などとも、何ら変わらない。なぜなら園監督の本音、男子目線のバカ正直な想いが炸裂している映画なので、男の子は「だよね!」ってなるはず。自分の高校生時代を思い出して、甘ずっぱくなると思います。わたしたちも、ちょっぴり恥らないながら一生懸命大胆に撮影していたので、無心で観てください! チケット買って観る価値あるから、みりん(笑)!



https://youtu.be/PbuGrD8xG48


9月4日(金) よりTOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー
(C)若杉公徳/講談社 (C)2015「映画 みんな!エスパーだよ!」製作委員会

■参照リンク
「映画 みんな!エスパーだよ!」公式サイト
http://esper-movie.gaga.ne.jp/
続きを読む