「女性の下着の100年の歴史」を3分でまとめてみた【動画】




「女性の下着の歴史」を3分で紹介する動画が公開され、話題を呼んでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=28ZY-8l6CZg


セレブやデザイナーの情報などを紹介する<Mode.com>が、「3分でわかる女性の下着の歴史」なる動画を公開。100年間の間に進化してきた下着の変遷を振り返っている。

まず、1915年の"控えめで自然"な雰囲気が好まれた時代の白いキュロットワンピースから、1925年の"フェミニンさをアピール"するスリップ&ガウンは、たった10年だが大きな変化だ。

1935年には"誘惑的で危険な女性"、1945年は"シェイプアップされたシルエット"、そして1955年の"フリル付きで思わせぶり"と、徐々にセクシーになっていく様子が興味深い。

また、1965年の"従順しない雌ギツネ風"、1975年の"ロング丈でダンシングクイーン風"になると、より自由なイメージが強くなる。1985年の"フィット感がありハイレグで脚長効果"、1995年の"スポーティーかつセクシー"では、より機能性も重視されるようになったことが分かる。

2005年の"グラマラスでガーリー"なスタイルを経て、"2015年の最新スタイル"には、様々なタイプの女性が登場し、バラエティ豊かな最新下着を着こなしている。そして最後に、「自信を持つことは常にセクシーである」「あなたのセクシーさを表現するスタイルはどれ?」というメッセージを投げかけて動画は終わる。

この興味深い動画に対し、ネット上では

「どんどんセクシーになっていくね!」
「エンディングが完璧! しかも予想外だった」
「2015年はヌードかと思ったw」
「男性バージョンも特集してほしい」

と、なかなか好評。中にはどの時代の下着が一番好みか? 一番セクシーか? なんて意見も多数寄せられている。
続きを読む