ある大学がハーフタイムショーでライバル校をゲスの極みな下ネタでディス!ネット上で炎上中【動画】




大学のマーチングバンドがハーフタイムショーで見せたパフォーマンスが、ライバル校を揶揄ってる!?とネット上で大きな話題となり、後に謝罪騒動に発展する騒ぎとなっている。



問題となったのは、カンザス州立大学VSサウスダコタ大学のアメフトの試合でのこと。カンザス州立大学のマーチングバンドが味方チームの応援パフォーマンスをハーフタイムに行ったのだが、その際、相手大学のマスコット「ジェイホーク」があろうことか男性器を口に入れようとしている風に見えるフォーメーションを見せたのだ。

この試合、テレビ中継もされていたようなのだが、視聴者からもすぐに「僕にはジェイホークがアレを口に入れようとしているようにしか見えないんだけど...」「これってつまりそういうことだよね...?」「親とか見たら卒倒するよなww」など、当惑の声がネット上に殺到する騒ぎに。





これを受け、カンザス州立大学のマーチングバンド部顧問はFacebook上に謝罪コメントを掲載。しかし「あれはペニスではなく宇宙船のつもりだった」と弁明している。

"The chart below represents the drill from tonight's show. There was absolutely no intent to display anything other...

Posted by K-State Marching Band on Saturday, September 5, 2015


ハーフタイムショーのテーマは「宇宙」だったそうだ。

■参照リンク
http://www.buzzfeed.com/
続きを読む