残念な美女、水野裕子の「フェイスローラー」の使い方がイケメンすぎると話題に


タレントでスポーツキャスターの水野裕子が、自身のtwitterである報告を行い、話題を呼んでいる。



それは9月6のtwitterでのこと。水野は鍛え上げられた二の腕を露わにし、まさに今戦わんばかりのポーズをした写真を投稿した。この勇ましい姿は一体・・・!?

これには理由があり、遡ること、前日のtwitterでのことだ。

水野はこの日のtwitterで「このタイプのフェイスローラーは、カナダの手荷物検査で『マーシャルアーツの武器』と認定され、別室に連れて行かれる事をお知らせします」とツイートし、女性の間で人気のフェイスローラーの画像を投稿した。このローラーを使って顔をコロコロするだけでフェイスラインがアップするいう人気の商品だが、まさかのこの器具が、入国審査では「武器」と判定されてしまったことに水野だけでなく、ネット上でも騒ぎに。



「ええーー!」「確かに...北斗の拳のヒャッハーって言う人達っぽい」「なかなかできない体験!」「むしろマーシャルアーツの達人と認定されたい」「水野さんが、強そうだからじゃないの?」「テロリストの、爆弾のリモコン」と多くの反響があった。

それを受けてなのか、水野はその後のtwitterで「フェイスローラーの使用例です。※良い子はマネしないでね」とツイートし、フェイスローラーをヌンチャクに見立てたような、先ほどの画像を投稿。この柔軟な対応に、「カッコいい!」「水野さん面白すぎますw」「こりゃ,危険物として没収されても文句は言えまい・・・」「 本当に武器として使いそうな威圧感が」「美顔ローラーで殴られるより、間違いなくその筋肉もりもりな腕で殴られた方が絶対痛い」と多くの声が上がっている。
また、この画像を投稿したことで、「帰りの手荷物検査が不安になってまいりました」ともツイートしている。








■参照リンク
水野裕子 twitter
https://twitter.com/MizU_38
続きを読む