鬼怒川決壊、濁流に流されず人々を助ける「白い家」は旭化成へーベルハウスか!?見事な耐久性がネット上で話題に


台風18号などの豪雨により鬼怒川の堤防が決壊、各地で甚大な被害がもたらされており、各テレビ局では被害の大きさを報道している中、ネット上ではある家に注目が集まっている。


それは鬼怒川の氾濫により、多くの家や建物が激しく流される中、濁流に流されず悠然と立つ1軒の白い家だ。この状況で立っているだけでも凄い上に、この家は流されてきた家を受け止め、さらにはその家が残っていることで、電柱につかまり決死の思いで踏み留まっている人への水の流れを弱めているのでは、との声も上がっている。そしてネット上では、この素晴らしい活躍を見せる家が「旭化成のへーベルハウスの家」と噂されているのだ。

へーベルハウスとは旭化成ホームズが保有するブランド名称で、家を顔に見立てたキャラクターでもお馴染み。凄まじい濁流が押し寄せる中、確かにこの家だけは見事なまでの耐久性を保っており、ネット上では「事態が収束したら、強さの秘密を検証すべきですね」「旭化成の株が爆上げまったなし!!」「ヘーベルさんカッケー!!」「安定感ハンパない」「へーベルハウスすごいwww高いだけあるわ・・・」「阪神淡路大震災の時もその頑丈ぶりを発揮してましたね」など称賛する声が上がっている。



■参照リンク
へーベルハウス 公式サイト
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/?link_id=globalnavi_hebelhaustop
続きを読む