ルール無用の仁義なき戦い!カンガルー同士のケンカが総合格闘技だった【動画】




カンガルーが跳ねながらキックボクシングをするスタイルは、かねてよりコミカルに描かれ、お馴染みのものではあるが、そんなカンガルー同士の戦いが、実は思った以上に激しいということを証明する映像が届けられた。

https://youtu.be/wwXINuTp1vg


掴んでは蹴るというクビ相撲からの離れぎわの蹴り、という高等テクニックは、かつてのK-1黄金時代を彷彿とさせる。どんどん前に蹴りを繰り返し相手のスネを潰しに行くえげつなさは、もはやコミカルなどといえる生ぬるいものではない。

強烈な足への蹴りに倒れ込んだ相手にも容赦せず顔面を蹴るカンガルー。フロントチョークで完全に落とす「お前、柔術アカデミー出身者か?」なんて言いたくなるほどの技の数々に驚くばかりだ。

総合格闘技の世界にはタップアウト(柔道でいう「参った」)という定義があるが、カンガルーの世界にはそんなルールは存在しない。まさに仁義なき世界といえるだろう!
続きを読む