マネキンも整形ブーム到来!セクシーすぎる巨乳マネキンが登場【動画】




ベネズエラで<巨乳マネキン>が流行しているが、現地の女性とマネキンに"美の基準"の変化が起こっているようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=p7CSvRfo7dE


<ニューヨーク・タイムズ>によると、ベネズエラでは整形手術は一般的になってきている。同国の女性は3分の1の割合で豊胸手術を選択するとも言われており、この流行を受けてマネキン業界にも変化が起こっているようだ。

マネキン販売会社を経営するEliezer Alvarezさんが、巨乳・巨尻でありながらくびれたウェストで脚が長いマネキンを数年前に発売したところ、爆発的ヒットとなった。彼の妻でありビジネスパートナーでもあるNereida Corroさんは「女性が自然体であるように、マネキンも自然体でなければならない。でも今の時代は女性もマネキンも整形されている」と語っている。

Manuel Bonillaさんはマネキンの整形手術スタジオを経営し、胸を「リンゴ」から「スイカ」のサイズに豊胸している。街のウィンドウに並ぶマネキンを見た女性客やマネキン販売会社で働く女性は、「私もマネキンのようなボディになりたい」と言う。

巨乳マネキンは4~5年前から店頭に登場したが、同時に女性たちも豊胸して大きいバストを強調するような服を着るようになった。いまや豊胸したマネキンをディスプレイした方が、お店の売上げも上がるというから驚きだ。

ベネズエラで豊胸手術にかかる費用は平均で6,350ドル(約76万円)と、大体3ヶ月分の生活費に相当するらしい。かなり高価に思えるが、低所得の女性も貯金をして整形手術を受けるのだとか。

「ミス・ベネズエラ」コンテストを主催するOsmel Sousaさんは、ベネズエラ初の「ミス・ユニバース」優勝者に対して、鼻の整形手術を薦めたことで有名だ。「欠点があれば直す。それが整形手術で簡単にできるのならば、何が悪いのか?」と語る。

<ニューヨーク・タイムズ>に対して、彼は「内面の美なんて存在しない」と"美は表面的なもの"だと主張し、さらに「女性は自分を正当化するために改造する」と、実に強烈なコメントを残している。

【参照リンク】
・How Big Busted Mannequins in Venezuela Are Changing the Country's Perception of Beauty
http://www.odditycentral.com/news/how-big-busted-mannequins-in-venezuela-are-changing-the-countrys-perception-of-beauty.html#more-47522
続きを読む