マツコ・デラックスが明かす「整形の見分け方」「芸能界の整形事情」がスゴすぎる


9月14日深夜に放送された日本テレビ系の人気バラエティ『月曜から夜ふかし』で、マツコ・デラックスが芸能界における「整形事情」について言及。また、整形美人の見分け方についても紹介し、視聴者の間から注目を集めている。



この日、同番組では「あまり見た事がないものを調査した件」と銘打ち、存在こそ認識しているものの、なかなか実物を見る機会がないものをVTRで紹介。その中で、メイクの濃いギャルが登場し、意外な素顔を紹介した流れから、スタジオでは整形の話題に。
近年巷でブームとなっている「鼻にプロテーゼを入れる施術」について触れ、「もう、今、シベリアンハスキーみたいになってる女いっぱいいるんだから」「いるじゃないのよー、いっぱい芸能界にも!」と、芸能界における「整形事情」について語り始めたマツコは、「そんなに鼻の高い女も、目のデカい女もいないわよ、日本人には。メイクをオフしてもバカでかい目だったら疑ったほうがいいわね。目頭切開して二重にしてたりするわよ...目頭!目頭!やりすぎちゃってるヤツはね、ここ、粘膜出ちゃってるからね」と、目元の整形をしている人物の見分け方までレクチャー。その後、「あー、言いたい!(目頭の粘膜が)見えてるヤツ言いたい!」と苛立ったマツコが、村上に促される形でこっそりと具体的な名前を口にすると、スタジオからはなんとも言えないどよめきの声が。

なお、その具体名の部分については消し音が入ってしまったため、想像するより他ないが、これを観たネット上の視聴者からは「そんな見分け方があったとは」「村上のリアクションwww」「目頭の粘膜見えてるってすげえな、おいw」「つか誰なんだ?最近ひどいやつって」「めっちゃ気になるわw」「つかマツコ級になるとすぐに見抜いてしまうんやろな」といった声が。

マツコの語りぶりでは、かなりの数の「『整形』美男・美女」が芸能界には存在している様子であるが、やはり一般人よりも、見た目がよくなくては成立しないのが彼らの職業。メイクにせよ、整形にせよ、美を追い求める人々が抱く飽くなき欲望は、ある意味、致し方のないことなのかもしれない。

■参照リンク
『月曜から夜ふかし』公式サイト(毎週月曜23時59分から放送中)
http://www.ntv.co.jp/yofukashi/
続きを読む