ダウンタウン浜田雅功のスゴすぎるMCテクニックをケンコバが語る


9月16日に放送されたMBSラジオ番組『アッパレやってまーす!』でケンドーコバヤシが、ダウンタウン浜田雅功の番組収録の進め方が「凄すぎる」と語り、話題を呼んでいる。



収録よりも生放送の方が好きだと語るケンコバは、「全ての仕事が生放送にならへんかなって思いますもん」と語り、その後の予定を立てられるのが良いと利点を述べた。スタジオにいた西川貴教も「きっちりと始まったら終わるもんな」と同意し、AKB48の高橋みなみも、「バラエティって結構伸びますもんね。しかも始まりが遅くないですか?」とバラエティ番組の収録の始まりが遅いことについて触れた。

西川は「だって、あれだけの芸人さんをいろんなスケジュールある中で集めてくると、深夜に結局なってしまったりとかってあるから・・・」と語ると、ケンコバが「ただ不思議やけどね、本当は60分番組やのに、浜田さんがMCの番組だけ40分で終わったりするの不思議やね、あれ」と驚きの事実を告白したのだ。

高橋は思わず、「あと20分、どうするんですか(笑)?」「普通60分じゃないんですか?」と矢継ぎ早に質問するも、ケンコバは「捨てどころがなくて、CMの時間とかも計算できるんちゃう?」と予想。高橋や森崎友紀から「すげー!!」「さすが」との声が上がる中ケンコバは続けて、「捨てるところがないのよ」とその凄さを語り、西川も同調して「そう、捨てるところがない。素晴らしい」「ビシっていかれる。さすがやわ」と絶賛した。

また正反対に「逆に凄い回す番組もあるもんな」と語る西川に、ケンコバは「僕はそんなに機会ないんですけど、よく土田(晃之)さんとかがブチギレてるのは、やっぱ爆笑さんですよね。『長いんだよ!』って(笑)」と、爆笑問題の収録が長いことを告白。西川は「好きなんやろうな(笑)」と語ると、ケンコバも「帰りたくないんですって。みんなと一緒にいたいから(笑)。学校みたいな感覚です太田さんは。みんなで笑いあってるのが一番楽しいじゃないかって(笑)。面白いこと言うて笑ってもらえて、人の面白い話を聞いて笑って。『なんで帰らなあかんねん!』って思うって」とその驚きの理由を語っていた。


■参照リンク
『アッパレやってまーす!(水曜)』(毎週水曜日夜22時より放送)
http://www.mbs1179.com/yaru/
ダウンタウン プロフィール
http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=250
続きを読む