スズキの軽自動車・セルボが海外で大人気、魔改造でレース仕様に【動画】




海外では珍しい規格として、「レアな車」という印象もある日本の軽自動車。70年代に生産された軽自動車で道を攻めたり、バイクのエンジンを積み替え路上を爆走したりする映像が公開された。

https://youtu.be/7hBZn-hxv28


1977年から5年間にわたり発売されたスズキの初代セルボ。実は、アウディ、アルファ・ロメオやマツダ、ルーチェ、いすゞ、ジェミニ、そして映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』でもお馴染みのデロリアンなどのデザインでも知られる、イタリアの工業デザイナー、ジョルジオ・ジウジアーロによって手がけられたものである。イギリスでも「ウィズキッド」というクールな名前で販売され、ポルシェ911風の構造も奏功し人気があったという。

そんなセルボ、今となってはパワー不足が否めないが、スズキのオートバイGSX-R1000のエンジンに積み替えた魔改造バージョンの映像も公開されている。シンプルなスモールカーのシャシーに、DIYでエンジンを積み替えて遊ぶ姿には見ているこちらがワクワクさせられる。

https://youtu.be/Hq2uf8CMtqE
続きを読む