赤西仁、男性ファン率45%の渋公ライブで最新DVD&ブルーレイ発売を発表!


赤西仁が9月24日(木)、東京・渋谷公会堂で『JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 ~Me~<スペシャル公演>』を行った。

other

この公演は、7月からスタートしたツアーの再追加公演の"スペシャル公演"として、「男性を含む3名までのグループ」という限定条件付きライブとして行われたもの。普段は90%が女性ファンという赤西のライブだが、この日の渋谷公会堂の客席は45%が男性客で占められた。

同公演は「音楽の存在意義」をテーマに、コンピューターに支配された未来の世界に生きる赤西がマザーコンピューターの作り出す拡張現実プラグラムによって音楽を体験する、というコンセプトで進行した。赤西とコンピューターが一体化したオープニングの「What Happened」の不思議な世界観と、そこから続く支配を表すような「Go Gitt'er」では拘束服によるダンスを披露。そして「Dayum」と「We The Party」では拘束から解き放たれ、客席と一緒に手拍子で歓喜した。

英語曲から日本語曲のセクションに移ると、レーザーの光を放つギターを使った「Mi Amor」や、ポップ調な「Lucky」で、前半の色のない世界観からカラフルな世界へチェンジし、「Good Time」ではファンとの大合唱で盛り上げた。

MCでは「今日はちょっと変わったライブです。ファンの皆様の力をお借りして、友だちや彼氏やお父さんを連れてきてもらいました」と言いながら、会場の男性に手を上げるよう促すと、その予想以上の数に「お~、ちょっと怖いね。俺、今まで女性に甘やかされてきたから」と笑いつつ、さらに「無理やり連れてこられた人は?」など、客席との会話を楽しんでいだようだ。

other

この日はスペシャル公演ということで、同ツアーのDVD&Blu-rayが11月18日(水)にリリースされることを発表すると、会場から大きな拍手が。その後、アルバム『Me』のリード曲「Let Me Talk To U」と「Baby Girl」に続いて、EDMチューンを基調としたDJ コーナーでは仮面を付けたDJやトロッコに乗った赤西がステージに登場し、通路を走ってステージに駆け上がると「Hey What's Up?」、そしてレーザーの光を操るような演出の中「OohLaLa」を披露した。

宇宙の星をバックにバラード「Lionheart」を歌い上げると、大きなモニターには同ライブのテーマ「音楽の存在意義」が映しだされ、タイトルの"Me"を意味する「Music is emotion」の文字が。そして、ラストの「アイナルホウエ」で白いTシャツとハットに着替えた赤西が、マザーコンピューターの「BiBi」を紹介し、最後に「そして、オレ!」と叫び、客席から大きな拍手を浴びながら終了した。

『JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 ~Me~』は、9月25日(金)の渋谷公会堂でファイナルを迎え、10月6日(火)には上海公演も行われる。

【参照リンク】
・赤西仁 オフィシャルサイト
http://jinakanishi.com/
続きを読む