ローマの王子・トッティがデビューから24年、通算300ゴールの大記録達成




ローマのフランチェスコ・トッティが20日のサッスオーロ戦で、ローマでの通算300ゴールを達成した。



唐突に訪れたその瞬間は35分、相手のバックパスを味方がカットし、ゴール前で受けたトッティは冷静にゴールに流し込んだ。ローマのイル・プリンチペ=王子様として長年愛されてきたも現在38歳。93年のデビューからシーズン24季目を迎えた。かつて元日本代表中田英寿ともプレーしたローマの象徴だが、この300ゴールという節目はいよいよ「トッティ時代の終焉」が近づいていることを実感させる出来事となったようだ。

セリエAは開幕してまだ1ヶ月だが、9月27日に39歳を迎えたレジェンドの去就について今後注目が集まりそうだ。
続きを読む