E-girls・AyaがSMAP木村拓哉との赤面エピソードを告白して話題に 「想像するとエロい」「萌えた」


9月29日夜に放送されたTBS系の音楽バラエティ特番『UTAGE秋の祭典!』で、E-girlsのAyaが、SMAPの木村拓哉に関係した「恥ずかしい過去のエピソード」を告白。その内容が視聴者の間で話題となっている。



この日、E-girlsはSMAPの木村とスペシャルコラボを披露。KABA.ちゃんの振付でTM NETWORKの大ヒット曲『Get Wild』を熱唱した。その後のトーク中、E-girlsのメンバー・Amiから水を向けられる形で語り始めたAyaは、自らの幼少期について「木村さんのポスターをお母さんに買ってもらったんですよ。小学校1年生のとき。すごいデッカいポスターで、私ホントにちっちゃかったんで、毎朝、その木村さんにキスをするというのが儀式で」と、昔から大ファンであったことを告白。
さらに「毎日の儀式」について、「でも、届かないんですよ、顔には届かなくて。ちょっとはだけてたんですね、木村さんが。乳首が...片乳首がね。その、口に届かないから、その、片乳首にチュウをしてたんです」と、なんともほのぼのとしたエピソードを、赤面しつつ告白した。


こうしたAyaの赤面告白に、ネット上の視聴者からは「想像するとエロいな」「かなり萌えたwww」「ある意味、これは悲願達成ということか」「女の子も乳首に行くもんなんやなw勉強になったわw」「俺も今から乳首の手入れしとくわ」「とりあえずおめでとうw」「なんだろう、この不思議な和み感www」といった声が。そこから約20年の時が流れて、憧れの大スターとの共演を果たしたAya。番組中での様子を見る限り、その喜びはかなりのものであったようだ。

https://youtu.be/pCFBijViryA


■参照リンク
『UTAGE!』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/UTAGE2014/
続きを読む