高田純次のベビーカーに乗ってる子供への対応が優しすぎるとネット上で話題に 「60代の見本」「流石すぎる」


9月26日に東京・有楽町でベビーカーに乗っていた1歳の赤ちゃんを殴ったとして、64歳の男が逮捕された事件。男は調べに対し「ベビーカーが邪魔だったので殴った」と供述しており、あまりに身勝手な理由とまだ小さな子供への理不尽な暴力に、子を持つ親だけでなく、多くの人が怒りと憤りを感じていた。



そんな事件が起きたばかりの29日、高田純次の散歩番組『じゅん散歩』が放送。今回は銀座の街で、「知り合いのクラブのお姉さんとか話かけてこないかな?」とぼやきながら日中の銀座を歩いていく高田は、通りを歩くベビーカーの子供に近づき、「かわいいね~ 今、高校生ですか?」とテキトーながらも優しく話しかけるのだ。

奇しくも、同じタイミングで同じ場所(銀座界隈)、そして一人の60代の男性がとったベビーカーへの対応の違いに、ネット上では「流石ですね」「高田さん好きすぎ」「高田純次のような60歳になりたい」「60代の見本だな」「純ちゃんは心にゆとりありまくりな人間」と様々な声が上がっている。





■参照リンク
『じゅん散歩』公式サイト(毎週月~金 午前9時55分より放送)
http://www.tv-asahi.co.jp/junsanpo/
続きを読む