​マット・デイモン、8分間で今まで演じた役を全部演じる!「グッド・ウィル・ハンティング」や「ボーン」シリーズも【動画】



人気トーク番組に出演したマット・デイモンが、これまで自身が出演した映画のキャラクターを8分の間に演じてみせた映像が話題になっている。

https://youtu.be/F9A5CG1lISE


米<CBS>で放送されている深夜トークショー番組『The Late Late Show with James Corden』に、俳優マット・デイモンがゲストとして出演。ホストを務めるジェームズ・コーデンと共に、これまでに出演した映画のキャラクターを8分間で演じてみせた。

まずは脚本デビュー作にして各賞を総なめにした『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のワンシーンからはじまり、『青春の輝き』の雨のシーンでは、マット自らジョウロを使って雨を降らせる。『オーシャンズ』シリーズでは、豪華共演者たちの顔面ボードを両手に持ちながらカジノに集うシーンを演出し、『ラウンダーズ』ではカジノでの緊張感漂うシーンを再現(?)した。

そして、アニメーション映画『ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊』では、自身とブラピが声優出演したオキアミ2匹のコスチュームを着て登場。激リアルな戦争映画『プライベート・ライアン』ではトム・ハンクスとのやりとり、南アを舞台にした『インビクタス/負けざる者たち』では感動に包まれたラグビーフィールドの雰囲気を再現。『オデッセイ』では、マット演じる宇宙飛行士がジェームズ演じるエイリアンと遭遇する展開に...。

『ボーン』シリーズは、3作全て「俺がジェイソン・ボーンだ!」と叫びながら次々とパンチをかますという手抜きっぷり。ハートフルな『幸せへのキセキ』は動物公園を買った親子を野生動物のぬいぐるみを両手に抱えながら表現し、『ふたりにクギづけ』ではハンバーガーを作るシェフ仲間を演じる。

その後は『恋するリベラーチェ』『コンテイジョン』『インフォーマント!』『アジャストメント』『トゥルー・グリット』『バガー・ヴァンスの伝説』を駆け足で紹介し、『ディパーテッド』から最後に『リプリー』の青い海をバックにボートを漕ぐ殺人シーンから、軽快なジャズライブシーンに切り替わってフィナーレ...と、錚々たるキャリアを振り返った。ネット上では、

「これは素晴らしい!」
「超楽しい!」
「マット・デイモン好き!」
「改めて、いい作品ばかりに出演してきたね」
「『ドグマ』と『インターステラー』は?」

と概ね好評で、同コーナーへの出演リクエストとして、トム・クルーズ、レオナルド・ディカプリオ、ジョニー・デップらの名前が挙がっている。
続きを読む