おかずクラブ・ゆいPが語った「意外なコンビ結成の理由」が視聴者の間で話題に


10月6日夜に放送された系のトークバラエティ特番『さんま御殿3時間SP』に、お笑いコンビ・おかずクラブの二人が登場。番組中で語った「意外なコンビ結成の理由」が、視聴者の間で話題となっている。


この日、番組では1組目のトークゲストとして、須藤凜々花、滝口ひかり、滝沢カレン、池田エライザ、小島瑠璃子、紗蘭の平均年齢19.4歳の"イマドキ女子"と、柴田理恵、バービー、ハリセンボン、磯野貴理、おかずクラブの平均年齢37.8歳の"醜女セブン"とに分かれ、トークが展開されてたが、その冒頭、吉本の養成所で知り合い、コンビを結成したという"醜女セブン"側のおかずクラブの二人に対し、MCの明石家さんまが「どう思った?お互い」と尋ねると、ゆいP(29)は「最初見たとき、汚らしい醜女だなって(笑)」と、相方・オカリナ(31)の見た目が持つインパクトが、コンビ結成の要因の1つであったことを告白。

このやりとりを見た視聴者からは「まさかのwwww」「汚らしい醜女wwwwwwww」「でもずっと見てるとかわいく見えてくるから不思議」「昔流行った裏原宿系として見れば意外とアリかもしれん」「個人的には意外とタイプなんだが...」「よし、これからは青文字系芸人ということにしようやw」「つかこういう見た目でも一般人と比べると芸能人オーラ出てたりするんだよな」といった声が相次いだ。

今回、相方による突然の告白に、「ちょっと!最低だよ!」と即座に憤慨したオカリナであったが、そのルックスについては、MCの明石家さんまも「男梅と呼んでるで?あいつのこと」とのこと。現在、多くのバラエティで醜女キャラとしていじられまくることについて、本人はどう思っているかは定かではないが、少なくとも芸人として見ると、そのいじられやすいルックスも、彼女にとっては1つの大きな財産と言えそうだ。

https://youtu.be/Waxf_uxecZU


■参照リンク
『踊る!さんま御殿!!』公式サイト(毎週火曜よる7時56分から放送中)
http://www.ntv.co.jp/goten/
続きを読む