SMAPとゲスの極み乙女。のコラボが「カッコよすぎる」と話題に 「最高」「もっとSMAPに曲書いて欲しい」

AOL News Staff

10月5日に放送された『SMAP×SMAP~秋の2時間半SP~』(フジテレビ系)の「S・LIVE」コーナーにゲスの極み乙女。が出演し、ネット上で大きな話題を集めている。


「S・LIVE」コーナーではSMAPとコラボパフォーマンスを披露し、『私以外私じゃないの』『オトナチック/無垢な季節』のほか、川谷絵音が作詞と作曲を手がけたSMAPの最新シングル曲『愛が止まるまでは』を歌い上げた。

スタジオトークでは、SMAPと共演した感想を尋ねられると、川谷は「(『オトナチック』の中で)SMAPのみなさんに囲まれるってありましたが、心臓が止まるかと思いました」「まっすぐ前を見てました」と答え、非常に緊張したことを明かした。

『愛が止まるまでは』について稲垣吾郎が「何かイメージはあったんですか?」と質問すると、川谷は「SMAPのみなさんに歌ってもらうなら絶対『愛』だって自分の中で(あった)」と話し、「愛」をテーマに作曲したことを明かした。

また、川谷は今回の曲のタイトルが、SMAPのデビューシングル『Can`t Stop!!-LOVING-』のタイトルと似ていることについて、「作った後で気付いて少し運命的なものを感じて」と偶然であることを告白。「どう言おうか迷って、『本当は知ってました』みたいな」と話すと、中居は「そっちでいけば?デビュー曲をかぶせてって言った方が話題になるんじゃないの?」と提案してみせた。

コラボパフォーマンスを見たネットの視聴者からは「ゲスの極み乙女×SMAP、すっっっごい良いね」「スマスマのゲスの極み乙女良かったなあ!」「最高でした~~~」「コラボ、すっごくよかった!」「川谷さんもっとSMAPに曲書いて欲しい」など絶賛するコメントが相次いだ。





■参照リンク
『SMAP×SMAP』(毎週月曜夜22時より放送)
http://www.fujitv.co.jp/smapsmap
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー