元プロレスラー、スタン・ハンセンの雄叫びは、実は「ウィー!!」じゃなかった!


10月7日に放送されたTBS系列の『水曜日のダウンタウン』で、元プロレスラー、スタン・ハンセンについてのある説が発表され話題を呼んでいる。



その説とは、【アメリカの元プロレスラー、スタン・ハンセンの雄叫びが、実は「ウィー!!」ではない説】というものだ。

1980年代を中心に活躍したプロレスラー、スタン・ハンセンは当時日本でも大人気を博していた。そんな彼の代名詞のひとつが、入場してリングに上がる際に叫ぶ「ウィー!!」という雄叫び。この雄叫びに合わせてファンも叫び、会場は一気に盛り上がるのだ。検証VTRを観ても、確かに「ウィー!!」と言っているようにも思えるが、実は違うという。

その真相に直撃するため、来日したスタン・ハンセンに直撃。本人の口から「あれは『ユース(youth/若さ)』と叫んでいるんだ」と真実が語られた。

その理由として、「俺が日本に来た当時、まわりは年上ばかりで俺が一番若い世代だったんだ。だから、『俺たち若者が上の世代を喰ってやるぞ』という意味で『ユース!!』と叫んだんだ」と語る。

この事実に、ネット上で「ウィーじゃないのか!?」「昔だったら、へぇボタンを連打してた」「そうだったの!?」「マジか」「初めて知った!」「衝撃の真実すぎる」「もうウィーでよくね?w」など様々な声が上がっている。



■参照リンク
『水曜日のダウンタウン』公式サイト(毎週水曜よる9時56分から放送中)
http://www.tbs.co.jp/suiyobinodowntown/

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む