NHK朝ドラ『あさが来た』に山本耕史演じる土方歳三が登場、ネット上が祭り状態に 「鳥肌立った」「カッコよすぎる」


10月14日に放送されたNHKの朝の連続小説『あさが来た』に、山本耕史演じる土方歳三が登場し、ネット上で話題を呼んでいる。


本ドラマは、広岡浅子という実在の女性実業家をモデルにしており、幕末から大正にかけて、銀行や生命保険事業を手掛けたほか、日本発の女性大設立にも貢献するなど活躍してきた一人の女性の生き方を描いたもの。

第3週目(10月12日~)は「新撰組参上!」。そして14日と16日の放送では、スペシャルゲストとして山本耕史演じる土方歳三が出演することが発表された。山本は以前三谷幸喜脚本の大河ドラマ『新選組!』で土方歳三を演じており、再び山本版土方の登場が話題になっていた。

そして14日の放送で遂に登場。「待たせたな」と渋い声で登場する山本耕史演じる土方歳三が登場した瞬間、ネット上では、「やっぱ土方は山本さんだよな~!」「カッコよすぎる」「キター!!」「土方歳三は、やっぱり山本耕史だよ 待ってました!!」「まさかの新撰組、朝ドラ登場! しかも副隊長土方歳三氏の台詞が待たせたな!」「しかもワンショット抜き。テンション上がるわ!」「土方歳三が画面に出たとき、鳥肌たったもんなぁ」との声が殺到、一時トレンド入りをしたほど。

16日の放送にも登場するとのことで、ますます見逃せない。







■参照リンク
『あさが来た』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/asagakita/special/guest.html


■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む