灼熱のドバイ、4000万円以上のランボルギーニのケツが大着火する衝撃映像がヤバすぎる




灼熱の地、ドバイ。オイルマネーがありあまり、富豪も警察も大スーパーカー祭りのこの街でランボルギーニが見事に燃え盛る、もったいなさすぎる映像が届けられた。

https://youtu.be/1PyTdevV4KA


炎を出して燃えているのはアヴェンタドール。価格は4000万円以上とも言われているが、偶然にも、この事故の直前に、同車両が路上で小さな火を出している映像がドライブレコーダーに残っていた。

映像の中では停車中に吹かしまくってるランボルギーニの後方から小さな炎が出ている。後ろのドライバーも必死になって燃えていることを伝えようとしているが、そのまま走行を続けその数分後にエンジンから出火した無残な姿が...

ネット上では「急発進と急停車を続けているうちに排気部分にガスが不完全燃焼して着火したのでは?」との指摘がある。灼熱のドバイにおいて、速く走るための車ともいえるスーパーカーが、一般道路で加速と停車を続けるということ自体がそもそも想定されていないのでは?いずれにしても、数千万のお宝があっという間に黒焦げになってしまう無残な姿は、庶民派から言わせれば、「もったいない」という言葉しか出ない。

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む