明石家さんまが爆笑問題・田中と山口もえの結婚を語り、泣けすぎると話題に 「感動ははかり知れない」


10月10日に放送されたMBSのラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で、明石家さんまが爆笑問題・田中裕二と山口もえとの結婚について語り、話題となっている。



さんまは、「もえちゃんも良かったよね。ジュニアもそうやけど、前日に連絡していただいて。もえちゃんは今までトークで田中のこと言えないから。いつも終わってから『すみません・・・』って。『いや、かめへんかめへん。それはしゃあないがな』って言うて・・・」と語り、さんまの番組に出る度に、話せない状況を山口が反省していたと語った。

そしてマスコミ発表の前に連絡があったようで、「直接俺がもえちゃんと電話で喋っててね。田中が横にいたんですけど、『代わりましょうか?』『いや、代わらんでええ』って。その後人を介して『ありがとうございます』って連絡があって。やっと幸せに。めでたいことですよね」と祝福した。

そして山口が前夫の間に2人の子供がいることについて触れ、「だから、田中が『パパ』と呼ばれてるらしいけども、俺なんかそういう経験あるから。『お父さん』みたいなことを言われた時の感動って、人が計り知れないねん」と自身の経験と重ねた。さんまは、1988年に大竹しのぶと結婚、大竹は前夫との間に子供がおり、さんまも同じ状態だったことを明かした。「親じゃない。本当の自分の仕込んだ親じゃないっていうけど親やんか。そこを認めてくれる時のありがたさ、嬉しさっていうのは、人が味わえない感動ですよね、あれは」としみじみと語るさんま。

この話にネット上では、「なんかちょっと泣きそうな話」「田中さん、良かったね」「パパって呼ぶの凄いことだよね」と様々な声が上がっている。

■参照リンク
『ヤングタウン土曜日』公式サイト(MBSラジオにて毎週土曜日夜22時~放送)
http://www.mbs1179.com/yando/
続きを読む