『ダイ・ハード6』はジョン・マクレーンがどうやってダイハードガイになったかを描く!?ブルース・ウィリス出演の可能性も


2013年の前作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』から2年、世界的大ヒットシリーズ『ダイ・ハード』の6作目が製作に向けて動き出しているようだ。


4作目『ダイ・ハード4.0』を手掛けた監督レン・ワイズマンに既にオファー&ディールがいっているようで、製作には『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるプロデューサー、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが入り、ワイズマン監督と既に脚本家を探しているとも伝えられている。

気になる内容だが、どうやらプリクエル(前日譚)になる模様。1979年が舞台で、ニューヨーク警察の若き刑事ジョン・マクレーンがいかに"ダイ・ハード・ガイ"になっていくかを描く予定だとか。プリクエルの予定といいつつ、長らくジョン・マクレーンを演じてきたブルース・ウィリスが出演する可能性も消えてはいないそうで、いったいどういう話になるのか気になるところだ。



■参照リンク
http://deadline.com/

■10月のAOL特集
セレブ達のハロウィンコスプレが楽しすぎる!【フォト集】
続きを読む